シニアの今日も働く日記

私は還暦を過ぎているけれど、もちろん働いています。
このブログには働くシニアが過ごす日々に起こるいろいろを書いて行こうと思っています。働くこと、仕事に関することが中心となると思いますが、その他のシニアに関することも書いて行けたらと思っています。

還暦過ぎの人が働く率はかなり伸びていると聞いています。私の周りの60歳代の人達の多くが働いています。余計なことかもしれませんが、働いている人は働いていない人よりも若く見えます。若く見られるためにも働きましょう・・・などと言う気持ちはありませんが、働き続けることで人生が充実することは確かです。また、収入も増えることで心に余裕が出来ますし、例えば趣味にお金を投じることも出来て精神的なゆとりも生まれます。

まだ全体的には浸透していませんが「65歳定年」という言葉を耳にするようになりました。人生が長くなったという感じでしょうか。以前よりも、確実に還暦を過ぎた人たちが元気だということでしょう。
65歳定年は非常にありがたい制度だと思います。今までですと、60歳の定年後に嘱託として再雇用されていたのですが、その賃金は大きく減らされていました。働き方はいろいろですが、この65歳定年制度がもっと普及してくれたらいいと思います。

また、あるアンケートでは60歳以上の方は70歳までは働きたいと思っている方が多いです。しかし、現実には定年の60歳で辞職している方が多いという統計も出ています。会社に勤務している方はここがネックなようですね。
65歳定年制度や再雇用制度を充実して貰いたいものですが、70歳まで働くとなると新しい環境で働くことになることもあります。その場合には、派遣社員として働くことになります。この派遣社員として働くことにはメリットやデメリットもありますが、個々でそれらを考慮しながら働くことが出来ます。
派遣社員で働くことについてはまた書きたいと思います。

今日から、『シニアの今日も働く日記』を始めていきたいと思います。